にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

アトピーと生きる道なんてあるの?

20代前半、アトピー持ちの生き方。病気持ちでも生きていける道を探してる

アトピーを治すだけの人生にはしたくない

 

アトピーと共に生きて22年。

完治することは難しくても、生活に支障がない程度まで改善したいです。

 

皮膚病を患っていると、それなりに辛い思いを体験しているのではないでしょうか?

 

 

アトピーのこと、これを軸に生活した結果…

 

大学2年の頃、リバウンドで関節が曲げれらないほど酷くなりました。

それ以降、アトピーを酷くしないことだけを考え、サークル、バイト、友人、飲み会、など大学時代に関わった全てと距離をとり、引きこもっていました。

アパートが一緒な仲のいい友達、彼女としか話さない生活が約1年~1年半続いてました。

 

 

その後、土佐清水病院で普通の肌を取り戻し、前みたいにみんなと話せる!とウキウキしてたんですが、いざ戻ってみると昔よりも居場所がなくなっていたんです。

それに加え、リバウンドによるネガティブ思考、行動力の低下、などで余計に孤独感がありました。

 

 アトピー改善するため、人との関わりを断った結果、以前よりも居場所がなくなっていたんです。私の場合は。

 この病気は失う物が多すぎる。。

 

一つの事に囚われると周りが見えない

一つの事に囚われ、それだけのために生きていると周りが見えなくなり、その結果

独りになってしまうこともあります。

 

アトピーを改善することは重要ですが、

アトピーを治すために生きる”は違うと思います。

自分が主役ではなく、病気が主役になっているので。

 

 

症状が酷いときは、1日を生きるので精一杯で、こんなことを考える余裕がないのはわかります。自分がそおだったので、

 悪化して酷くなると、目の前にある苦痛から少しでも逃れることに精一杯で

人から何を言われても響かないです。

 

それでも生きないといけない、病気に負ける人生だけは送りたくないですね。